サービスリリースできた話

最私の人生ではじめての一から関わったサービスのリリース日でした! (個人で出した黒歴史iPhoneアプリのことは忘れました。)

最初に聞かされた時は途方もない構想で、無理じゃない?と思ったんですが、なんやかんやでリリースできて嬉しいです。

PyQというサービスです。 ω・`)詳しくはリンクをクリックだ!

忙しすぎて何も思い出せないですが、走馬灯のように駆け抜けた1年半くらいでした。

2,3年前は、丸の内にある某ビッグデータなサービスを運営している会社に1年間くらい出向してました。 そこではみんなが輝いていて自社のサービスを一丸となって取り組んでいました。 みんないい人たちばかりで、協力会社な私にも優しく接してくださり、技術的にわからないことは教えて下さいました。本当に人間の格?徳の高さ?が違いすぎの人たちで感謝で鼻血出すぎな毎日でした。 私はサポート担当として活動していたんですが、本当に楽しい日々でした。しかし、私は人数が足りないから来ている要員。そのうち、正社員のサポートが入ったら自社に戻る運命です。 社会のしがらみで、その会社への転職もままならないのです。

私は、あの人達のように自分のサービスを手に入れるために旅に出ました。運良く現在の会社にたどり着いて、運良く最初からプロジェクトに参加できて、運良く素晴らしいチームに恵まれ、運良く今日リリースできました! 今日からは、某ビックデータな会社のようにサポートが素晴らしいサービスを目指して頑張ります。運じゃなく、自分の動きで、最高のサービスとなるように磨いていきます。

今日はアドレナリンが出すぎて、こまかいことが思い出せないので、やってきたこととかはぼちぼち書いていきます。

みんな、買って!

index.mdじゃなくて、index.htmlだ

Github Pages(Jekyll)の設定でハマりました。

ブログっぽく記事を区切って表示しようと思ったんですが、paginateってのが、 書いてある通りに設定してもデータが取れない。間違ってないはずなのに。なのに。なのにーー!って思ったら、 index.mdじゃなくて、index.htmlだ とのことでした。

たしかにあらゆるところに書いてありましたよ。「index.htmlに書きましょう」と。 でもさ、index.mdを自動でindex.htmlに変換してくれるっていうのがウリのサービスで、本当にgithub側にindex.htmlを配置すると思わないですよね。 脳内変換して、何回もindex.mdに書いて、あーでもない、こーでもない、やってました。 site.postsとかはindex.mdでも普通に取れるのに、paginate.postsだけとれない。

私と同じことでハマった人がこのページを見つけてくれる事を祈って、タイトルにでっかく書きました。

Github Pagesに変更

あけましておめでとうございます。

去年は全然ブログを書けなかったので、今年はもっとアウトプットしていきたいです。 しょーもないことでもアウトプット大事。

いつでも更新できるように、ブログの場所をGithub Pagesに変更しました。 Markdownで記事を書いていたので、移行が簡単でした。 リポジトリ作って、設定するだけで便利ですね。

手軽に書きたいのにmakeするのめんどいのと、私の都合ですがプロバイダーにアップするのめんどくさかったです。 githubのWebページでも直接修正できるのが魅力。有料会員なので下書きはprivateなのもGoodです。

去年6本だったんで、今年は倍の12本を目標に。

ブログをWordpressからSphinxに乗り換えた話

私とブログ

  • 1995年にパソコン購入。同時にパソコン通信(niftyサーブ)開始。
  • 1999年当時のプロバイダだったInfoWeb(現@nifty)からホームページスペースを与えられたので、htmlを自分で書いてブログスタート。
  • 2004年html書くのめんどくさくなって、どっかのブログサービスでブログ開始。
  • 2006年フリーランスになったので、勉強のために自分でCMSを運営しようとhetemlと契約。Nucleus CMSにブログを乗り換え。
  • 2010年Wordpressの仕事が増えて、プラグインを作ったりしていた。Nucleus CMSの更新がほぼなくなり、hetemlがサポートするPHPのバージョンと合わなくなってくる。hetemlにWordpress簡単インストールというサービスができた機にWordpressに乗り換え。
  • 2016年Sphinx製の静的Webページに乗り換え

どうして乗り換えたか

  • PHPを書かなくなっているうちにhetemlのPHPがバージョン7になった。
  • Wordpressがしょっちゅう更新しろ!と言ってきて、鬱陶しくなった。
  • Wordpressにセキュリティーホールが見つかるたびにhetemlからお知らせが来て、対応しないといけないのがめんどくさくなってきた。
  • ブログしかやってないので、はてなにでも乗り換えようか。。。
  • セキュリティーとか気にしなくていい、静的HTMLに乗り換えよう!
  • せっかく、Pythonかけるようになったし、Sphinxだ!

乗り換え方

元のサイトをcurlする

curlはHTTPアクセスをしてコンテンツを取得できるコマンドです。

私のブログは記事に番号がついていてそれがURLでした。

http://kamekokamekame.net/archives/1207/

↑こんなの

curl http://kamekokamekame.net/archives/[1-9999]/ -o "#1.html"

これで、[記事の番号].htmlというファイル名で取得できます。

htmlをMarkdownに変換

htmlを編集し続けるのが嫌だったので、どこにでも持っていきやすいMarkdownにPythonスクリプト書いて置き換えました。

(ここが素敵だとかっこいいんですが、一回だけなんで、愚直に適当に書いてしまいました。見たかったらどうぞ gist)

Sphinxでhtmlを作ろう

インストール

$ python3 -m venv env
$ pip install Sphinx commonmark recommonmark

プロジェクト作成

$ sphinx-quickstart

conf.pyの修正

source_suffix = ['.rst', '.md']
source_parsers = {
    '.md': 'recommonmark.parser.CommonMarkParser',
}

index.rstを作成

ビルド

make html

build/htmlフォルダの中身をサーバーにドーン!

まとめ

  • 実はあまりPythonをわかっていなくても, Markdownが書ければ、いいだけな気がする。
  • 嫌になったら、Githubでブログを営むこともできるのでMarkdownにしておくのはいいと思う。

おまけ(rss)

feedのプラグインがなかったんで、feedを出力してくれるスクリプトも作りました。

自分のMarkdownから、タイトルとか記事とか取るだけのスクリプト。(汚いですが、見たかったらどうぞ。 gist

結局、feedgeneratorというのを使うと各情報を渡すだけでfeedできます。どーん。

# フィードを生成
return feedgenerator.Rss201rev2Feed(title=title,link=link,feed_url=feed_url,description=description,language="ja")

これはもうちょっと綺麗にしたいです。

PyCon JP 2日目とブースと私

私のPyCon JP 2016が終わりました。

ブースにもたくさんの方に来ていただいてありがとうございました。

今年もみんなすごいなーと思っているうちに終わってしまいました。

ブースに気持ちが持って行かれて、トークは一つしか聞けませんでしたが、やる気は注入されました。

貰ったり、買ったりしたもの。

PyLadiesシール

PyLadiesシャツ

PyLadiesシールとシャツ

募金した人が貰えるシール

募金した人が貰えるシール(2回目)

カップケーキ

Pythonマークのカップケーキ

来年へ向けて

来年も憧れのスタッフはできなさそうですが、スピーカーに選ばれるように頑張ります。どう頑張るかはこれから。。。。

やる気があるうちに、WordPressとPHPのメンテをするのが嫌になっていたこのBlogをSphinxで作った静的htmlに入れ替えました。 DBも使わないし、MarkDownでも編集できるし、便利ですね。

PyCon JPに一言

毎年行きたいので、続いていくことを祈っています。関係者の皆様、ありがとうございました。



記事一覧