Sphinxでスライドを作りたい

入社してから会社でSphinxを使って文書を書くことが増えたので、reStructuredTextもついでに覚えようと思いました。 でも仕事中にいろいろ試している時間はないので、勉強会とかでLTするスライドとかブログに使えばいいじゃない。と考えて、使い始めました。

ここ3,4年ほどはMarkdown一筋だったんですが、reStructuredTextも慣れるといろいろ微調整できて便利です。

なんとなく2年間使ってきたんですが、せっかくPython製なのでもうちょっと勉強しようかなと思って、Sphinx ユーザーコミュニティのSlackに入りました。

誰でも入れるっぽいです。ここから → http://sphinx-users.jp/howtojoin.html#slack

はいった途端に色々教えていただいて、もう少し自分情報を整理してから入ればよかったかなとちょっと後悔しています。

今まで、自分で調べた結果、sphinxjp.themes.s6ってのが便利そうなので使ってました。 いままでAuthorsとか全然見てなかったけど、清水川さんが作者だった。ありがとうございます。

作者はどっか知らないの外国の人って時代は終わったんですね。

話は戻って、Sphinx slackでs6以外にsphinxjp.themes.impressjssphinxjp.themes.gopherを教えてもらいました。

pypiのサイトで、sphinxjp.themes って入れて検索すればザクザク出てくるんですね。目からウロコ。

上から順にやってみよう。

ググってみてたブログが同僚のブログ、便利そうと思って使っていたツールが同僚作、よく見るドキュメントの日本語訳も同僚、本を買ったら著者に同僚。という現象が発生中。 みんな作っても宣伝しないんですね。かっこいいぞ。そして、そんな会社に運良く入れててちょっとラッキーと同僚の名前を見つけるたびに思うのでした。 私もラッキーと思われる側目指してやっていこう。地道が一番。

PyCon JP 2017 に参加しました。

今年も PyCon JP 2017 に参加しました。

仕事で感想とか書いたので自分のブログは脳内の楽しかった思い出を垂れ流します。

恒例の写真

MONOTARO

3年連続参加でした。そして、今年も企業ブースを出しました。 私以外は社長とスピーカーという組み合わせのため、結構一人の時が多かったです。 とはいえ、スピーカー陣も自分の発表でドキドキのはずなのにブースも頑張ってすごい~な。って思いました。 来年はその立場になりたい!!

1年前よりも知っている人も増えていて、参加するのがどんどん楽しくなるなぁと思いました。

やはりPyCon といえばパーティーですよね。パーティー楽しかったです。 日本酒を飲みすぎて、ちょっと二日酔いになっちゃいました。誰だよ日本酒をたくさん寄付した素晴らしいスポンサー様は!

座長と一緒(しらふ)

座長

理事と一緒(だいぶヤバイ)

理事

来年はさらに英語力とPython力を上げて参加したいなーと思えるひとときでした。スタッフと関係者の皆様ありがとうございました。

話はかわり、ブースを出すということは自身が広告塔になることです。私の印象が悪いと商品の印象まで悪くなります。 去年はあまり深く考えずに参加していましたが、あとで写真とか見て「誰、このおばさん!?」とショックでした。 そんなわけで今年は7キロ痩せて挑みました。去年よりはおばさん感が下がって満足です。

おやつも美味しかったし、このマークすごい!

おやつ

ところで、今回はパトロンでした。初パトロン。 なんか、スタッフもやってみたいんですが家庭の事情で無理なのでちょっとだけ貢献したいなと思ってなりました。 かなり、浮かれてました。楽しかったです。別になんてことないけど、楽しかった。

パトロン

こんな写真にも参加できて感無量です。

来年も絶対参加します!来年こそはスピーカーで参加したい!

久しぶりにSphinxでスライドを作ろうとしたら完全に迷子

Sphinxでスライドが作れたよねーと思って作ったら、困ったのでメモ

結論

sphinxjp.themes.s6 0.3.0を見よう!

このリンク先の通りにやれば間違いないです。

困ったこと

適当に検索してたら、conf.pyを下のように書くのだというサイトがいくつか出てきて、コンパイルしたら、「’sphinxjp.themecore’」はもう書かなくていいよぉぉぉ。とか出てくるし。

extensions = ['sphinxjp.themecore']
html_theme = 's6'

正解はこっちでした。

extensions = ['sphinxjp.themes.s6']
html_theme = 's6'

サービスリリースできた話

最私の人生ではじめての一から関わったサービスのリリース日でした! (個人で出した黒歴史iPhoneアプリのことは忘れました。)

最初に聞かされた時は途方もない構想で、無理じゃない?と思ったんですが、なんやかんやでリリースできて嬉しいです。

PyQというサービスです。 ω・`)詳しくはリンクをクリックだ!

忙しすぎて何も思い出せないですが、走馬灯のように駆け抜けた1年半くらいでした。

2,3年前は、丸の内にある某ビッグデータなサービスを運営している会社に1年間くらい出向してました。 そこではみんなが輝いていて自社のサービスを一丸となって取り組んでいました。 みんないい人たちばかりで、協力会社な私にも優しく接してくださり、技術的にわからないことは教えて下さいました。本当に人間の格?徳の高さ?が違いすぎの人たちで感謝で鼻血出すぎな毎日でした。 私はサポート担当として活動していたんですが、本当に楽しい日々でした。しかし、私は人数が足りないから来ている要員。そのうち、正社員のサポートが入ったら自社に戻る運命です。 社会のしがらみで、その会社への転職もままならないのです。

私は、あの人達のように自分のサービスを手に入れるために旅に出ました。運良く現在の会社にたどり着いて、運良く最初からプロジェクトに参加できて、運良く素晴らしいチームに恵まれ、運良く今日リリースできました! 今日からは、某ビックデータな会社のようにサポートが素晴らしいサービスを目指して頑張ります。運じゃなく、自分の動きで、最高のサービスとなるように磨いていきます。

今日はアドレナリンが出すぎて、こまかいことが思い出せないので、やってきたこととかはぼちぼち書いていきます。

みんな、買って!

index.mdじゃなくて、index.htmlだ

Github Pages(Jekyll)の設定でハマりました。

ブログっぽく記事を区切って表示しようと思ったんですが、paginateってのが、 書いてある通りに設定してもデータが取れない。間違ってないはずなのに。なのに。なのにーー!って思ったら、 index.mdじゃなくて、index.htmlだ とのことでした。

たしかにあらゆるところに書いてありましたよ。「index.htmlに書きましょう」と。 でもさ、index.mdを自動でindex.htmlに変換してくれるっていうのがウリのサービスで、本当にgithub側にindex.htmlを配置すると思わないですよね。 脳内変換して、何回もindex.mdに書いて、あーでもない、こーでもない、やってました。 site.postsとかはindex.mdでも普通に取れるのに、paginate.postsだけとれない。

私と同じことでハマった人がこのページを見つけてくれる事を祈って、タイトルにでっかく書きました。



記事一覧