これは、PyLadies Advent Calendar 2017の 18日目です。

はじめに

エモい話は諦めて、これからテストを掘り下げていこうと思っているのでそちらについて書きます。

最近、本を読んだりインターネットで調べているときにスケッチブックに書いていくのにハマっています。 あとで見返したりできるし、まとめるために要約を考えたりするので結構良いなと思っています。

テストについて

Python ライブラリ厳選レシピ

第11章テストとデバック

Python ライブラリ厳選レシピ の11章の内容を参考に各モジュールについて確認していきます。

pydoc

pydocモジュールは、Pythonモジュールから自動的にドキュメントを生成します。 help() と同じ機能をコマンドラインから利用できる他に、-w オプションを付けるとhtmlを出力してくれるそうです。 また、確認用の簡易HTTPサーバーをローカルに起動できるそうです。便利ですね。

実施例はこちら:

doctest

Pythonファイル中のコメント内の対話的実行例形式で書かれているものが実行されてテストができます。別ファイルに書くこともできるようです。

実施例はこちら:

unittest

他の言語にもあって馴染み深いのがUnitテストですね。

実施例はこちら:

unittest.mock

テストがオブジェクトに依存する場合にその疑似オブジェクトを用意するためのものですね。

実施例はこちら:

pdb

デバック用のモジュールですね。今度、PyCharmのでバックと合わせて書きたいです。

timeit

コードの実行時間を計測するモジュール

pytest

サードパーティー製の高度なユニットテストモジュールです。普段はあまり使わないのですが、本も出たし、攻略していきたいです。

実施例はこちら:

traceback

スタックトレース用のモジュールみたいですね。

logging

ログ用のモジュールみたいですね。

後半のモジュールは手がつけれていないですが、おいおいやっていきます。

今日の参考書籍:

今回、参考にした参考書です。

この本は最近買ったので、ざっとしか読んでないですが1章ずつ噛み締めていきます。

普通の初心者向け本はテストについて書いてあっても触りだけですが、 この本はテストについてきちんと記述があります。 初めて手にするにはPythonの単体テストについてよくまとまっていて読みやすいと思います。

一度読んでおくと良さそうです。こちらもガッツリとは読んでいないので今後読んでいきたいです。