私がお勤めしている会社が PyCon JP 2016にブースを出します!

私もいるので、遊びに来てね!

以下、準備の話です。別に楽しくは無いです。

最初は軽い気持ちで「PyCon JP 2016にブース出しましょう!」って言ったんです。新サービスを宣伝来たらいいな。ブースとかって楽しそう!と思ったんです。

しかし、言い出しっぺはリーダーもやらないといけないのでした。

ブースって、申し込んで、与えられた机にビラとか置いて座っていたらいいのかな?くらいだったんですが、会社員たるもの会社のお金を使ったら、最大限の効果を出さないといけないのです!

せっかくPyCon JPをスポンサードして、シルバースポンサーは普通にしてたらブースの権利がもらえるかもしれないし、もらえないかもしれないという立場だったので、早期確定オプションも追加で申し込みました。

お金が発生したら、「いや、軽い気持ちだったんで。。。」とか、言い訳しても後には引けません。ブースの成功、最大の宣伝効果が私のミッションです。

私が思うブースのイメージは会社のシャツとか来て、みんなで一生懸命チラシ配ったり、お話したりする感じ。

しかし、会社に会社シャツみたいなのはありません。

シャツ欲しい!と社長におねだりしたら、「いいよー!」と言ってくださったので、注文することにしました。

あわせてチラシも注文することになったんですが、言い出した時期が遅くて、デザイナーさんも仕事で手一杯!ってことで、作るならば、デザイン、監修、俺!しか選択肢は無かったです。

デザイン関係の才能が自分にまったくないことことを15歳で悟ったので、これまでの人生でその領域には手を出さないことにしていました。じっちゃんの名にかけて!

が、手を出してしまった。会社の方には 「暖かみのあるチラシになりましたね。」 と、評価いただきました。ははは。

チラシ

シャツも、デザインとか不可能なので、会社のロゴをいい感じのとこに配置しただけです。色はおのおので選択!私は無難中の無難、黒!

着てみたよ!

ポロシャツ

他にもPyCon JPのスタッフの人とやり取りとか、宣伝する内容詰めるとか、タイムスケジュール作る、スタッフのシフト考えるとか、備品を集めるとか、やることがいっぱいあったんですが、今となってはいい思い出です。もちろん、同僚にめちゃくちゃ助けられました。

特にコミケ経験者の方々にアドバイスを頂けてありがたかったです。 コミケ最高!

後は、本番の成功を祈るのみです!がんばるぞー!

そんなわけで、端っこの方のブース付近でウロウロしている上沼恵美子似のオバサンを見かけたら、声をかけて下さい。誰か、褒めて!