PyData.Tokyo Meetup #16 - 深層学習ライブラリ PyTorch に参加しました。

はじめてのPyData Tokyo参加です。

メインセッション: PYTORCH 個人の戦略ツールとして

タイトルが変更されました。旧タイトル→「Pythonic で高速・クリーンな深層学習ライブラリ PyTorch」

スピーカー:Bakfoo Inc. 柏野 雄太 さん

BakFoo社はメディア向けにリアルタイムデータプラットフォームをエンタープライズ向けに提供してる

- テレビの天気予報向けに気象データの提供
- 新聞の電子化支援
- 次世代テレビ

なんだかすごそう。

TensorFlowの一強

TensorFlow eage ってのにまとまったそうです。

たくさんのAPI、デプロイメント、デバック環境、特徴量工学.etcが特徴だそうです。

日本の産業政策としてのDeepLearning

研究実績、投資資金、人材の質と量の欠如(´・ω・`)

DeepLearningに対する個人の戦略

ポリグロット戦略

そこで、戦略的学習環境としての PYTORCH

やっと出てきた

PyTorch

  • 速度は他のフレームワークに比べてそこそこ

  • けっこう、Chainerと一緒

話題の論文なら、PyTorch実装がすぐに「自生」する。 お陰で動かしながら学ぶこと、考えることができる。 全部の論文を自分で読んで、実装するわけにも行かないので、嬉しい。研究者が雪崩式に使い出している。

StackOverFlow風の掲示板で、3時間以内に開発者の中のひとりが答えてくれる。すごい盛り上がっている。

後半はビール飲んで、余りわからなかったです。Sonyさんも頑張っている。

実は深層学習を余りわかってないのですが、PyDataのシール貰ったのに行ったことがなかったので、定員割れしていたので行ってみました。 とてもわかりやすくてありがたい回でした。

今度はもうちょっと勉強してから参加します。