昨日までのあらすじ

そうだ! Togglで仕事を開始したら、Slackに通知しよう!

toggl_slack

サービスを探そう!

最初は無料で通知できるサービスが無いか探しました。Zapierというサービスを見つけました。いろいろなサービスを連携するサービスのようです。

使っていたのですが、1ヶ月100回までしか無料で使えず、1日5回。普通の人なら足りそうですが、私は1日でいろんなタスクを行ったり来たりするので、すぐに限界が来ました。(´;ω;`)

そんなわけで、探すのもめんどくさいので、自分でスクリプト書いて、PCのcronで動かせばいいじゃない!と思い、実装しました。

Togglのトークンを取得

Togglの自分のアイコンあたりを押したら、profile settingsにAPI tokenというのがあるのでコピーします。

slackのIncoming WebHooksのURLを取得

SlackのAppsあたりで「Incoming WebHooks」を探してPOST用のURLを探してください。

コード

Togglから、現在のタスクを取得して、Slackに書き込んでいるだけのコードです。ユーザー名とかべた書きですいません。

タスク継続中はslackに出ないように前のタスクをファイルの保存しています。それと違ったら、pushするぅ〜。って感じ。

cronから呼ぶためにshファイル作りました。

で、cronと思ったんですが、MacOSでは、LaunchAgentsというのを使うんじゃ。と何処かで見かけたので、LaunchAgentsにしました。 「~/Library/LaunchAgents/mytoggl.plist」に設置しています。 <key>StartInterval</key> に、 300秒(5分)に1回toggl.shを実行と設定しています。

動くと、こんな感じでSlackに表示されます。

toggle_sample1

イェア!

1日のまとめ取得とか、色々改造していきたいです。