鉄は熱いうちに打て

独学プログラマーが発売されるってよ!

2018年2月23日に独学プログラマーという本が発売されます。

独学プログラマー

献本頂きました!

なんで献本していただけたかというと、レビューアーだからです。(`・ω・´)b

その話の前に本の紹介をします。

Pythonを学ぶ本というよりは、どうやってエンジニアになるのか?なにを学んでいくのが大事なのか?的な本です。 エンジニアを目指す方や学生さんはこの本を最初に読んでモチベーションを限界まで高めてから、さらに一つ一つの分野を深く学んでいくと良いと思います。 有名エンジニアの名言も載っているのでグッグとモチベーションがあがります!!

達人プログラマーを読んでみた−43. 容赦ないテスト

「達人プログラマー」の容赦ないテストを読みます。

以下は、読んだ私の感想を書いているので本の内容そのものではありません。

43. 容赦ないテスト

早めにテスト、何度もテスト、自動でテスト

今年は私の中でテストの地位が上がった一年でした。テストがないと夜も安心して寝られません。人生で一番テストを書いた1年でした。しかし、行き当たりばったりで書いていたことも多かったので来年はテストの理論やよりより設計を学んでいこうと思います。

この本もまだざっと読んだだけなので読んでいきます。

達人プログラマーを読んでみた−34.テストしやすいコード2

「達人プログラマー」のテストしやすいコードを読みます。

以下は、読んだ私の感想を書いているので本の内容そのものではありません。

34. テストしやすいコード

テスト装備を使用する

テスト装備 ってなんでしょ?

「プロジェクトの標準としてテスト装備を開発しておくのが良いでしょう。」と書いてあるのでコーディング規約とか、チームの決まりとかなのかな?

Javaで各クラスにmainを書いておいてユニットテスト用のコードを用意しておくと便利みたいです。確かにファイル単位で動かせるようにして、そこにテストを書いておくのは良さそうです。

達人プログラマーを読んでみた−34.テストしやすいコード1

「達人プログラマー」のテストしやすいコードを読みます。

以下は、読んだ私の感想を書いているので本の内容そのものではありません。

34. テストしやすいコード

関数は何かデータを入力して、出力するものです。この契約を守れる関数かどうかを確認するテストがユニットテストです。

最近、興味があるので、来年は index at XUnitPatterns.com を読んでいこうと考えています。 本もあるみたいですが、PDF版を買おうとしたらアダルト系決済サイトの入力画面が出てきたので、萎えてます。amazonで買うと2倍のお値段。しかもkindle。悩む。

情熱プログラマーを読んでみた

「達人プログラマー」を買ったついでに似ているタイトルだったので買いました。こちらは感情や、モチベーション維持、チームメンバーとうまくやっていく方法が書いてありました。

冒頭に この本は自分のキャリアにおいて充足感と幸福感を得るためのものである。 と書いてあります。上を見たらキリがない状態で、自分を保って自分の仕事を愛するにはどうすればいいのでしょうか?この悩みを解決してくれる一冊ではないかと思います。

この本は退屈しない人生を送りたいという思いを育むためのものでもある。 とも書いてあります。

簡単な同じようなことを続けるとすぐに飽きてしまいますが、難しいことをやり続けるとストレスが溜まっていきます。失敗して悲しい気持ちにもなります。そんなときにどうしたらいいのでしょうか。