PyLadies Handbook 翻訳しNight 〜第4夜〜 を開催しました。

翻訳しNightでやっていること

PyLadies Handbook を翻訳しています。特に行動規範から先に翻訳を開始しています。 現在の目標は PyCon JP 2018 までに行動規範部分の翻訳を終わらせることです。

PyLaides Handbookとは

PyLadies Handbook の最初に以下の文があります。

The pyladies kit gets you up and running with starting a PyLadies local group, including what’s needed, advice, event planning help, and some tools that may be helpful.

訳してみます。

PyLadies キットはあなたがローカルのPyLadiesを立ち上げ、運営するのに必要な情報、アドバイス、イベント企画方法、役立つツールを含んでいます。

PyLadiesは世界各国の各都市に存在する団体です。このハンドブックには新しく自分の都市でPyLadiesをスタートするための情報が書いてあります。

これまでの歩み

これまで4回行っています。

第1夜は2017年のPyLadies 秋合宿の2日目の夜に行われました。 私は合宿に参加したのですが、1泊で帰ったので、第1夜には参加していません。

第2夜から平日の夜に東京で開催されています。 第2夜は一般参加者として翻訳会に参加しました。


翻訳しNightは直接PyLadiesの役に立てるイベントでとてもよい試みと思いました。 しかし、第3回の翻訳しNightがなかなか開催されなかったので、もったいないと思い、自分がスタッフになって開催することにしました。


これが私がPyLadies Tokyoのスタッフになった理由です。

How to 翻訳

やり方はGitHubにまとめています。

PyLadiesTokyo/pyladies-handbook-translation: pyladies handbookの日本語訳を進めようのコーナー


最初はGitHubに原文をコピーして翻訳していたのですが、取り込むときの作業が大変ということで、途中で Transifex を利用することにしました。

翻訳しNight 〜第4夜〜

第3夜は他のスタッフの方と一緒に開催したのですが、いろいろあって第4夜では独り立ちすることになりました。 Transifex になかなかアカウントが作れなくて、私は全く翻訳しなかったのですが、参加者の方が優秀で、目標箇所がほとんど終わりました。


次回はレビューしNightを開催しようと思います。


リモート参加もできますし、別に翻訳しNightのとき以外に翻訳しても大丈夫です。 興味のある方は PyLadies JapanのSlack に参加して、 #handbook-translation 部屋に来てください。 お待ちしています!!